籠を編むひと

2016年1月22日(金)|category : お知らせ, イヴェント・作品展

deco121

 

 

 

 

DSC_0078

 

 

 

 

DSC_0107

 

 

きょうは、1/31(日)、2/1(月)の二日間、ひと葉アトリエにて開催する「アトリエOpen day」に参加してもらうアケビの籠作家DECOさん宅を、訪ねて来ました。出会いは8年前。(その時の様子を書いた旧ブログはこちら→)あれ以来、今も気の合うお友達として親しくお付き合いさせていただいています。

 

四方を山に囲まれた自然豊かな魚沼には、あけびは沢山自生しています。春には「木の芽」と呼ばれるあけびの若芽を積んで食すのです。ほろ苦さが特徴のこの山菜は、寒い冬の間に滞った魚沼のひとたちの血の巡りをよくし、溜まった毒素を排泄するのに多いに貢献してくれるのです。

 

かご編みは、そのあけびが春から夏にかけて伸ばした地を這うランナー部分を採取して使います。地を這う蔓は湿気を含み、細くまっすぐ伸びる形状がかご編みに適しているからです。採取時期は10月から雪が降るまで。この時期の彼女は晴れていれば山に入ります。この採取自体がかご編みの醍醐味なのだそうです。もし蔓が自生している環境に住んでいなかったら、蔓を買ってまで籠編みをしようとは思わなかっただろうと彼女は話します。

 

採取した蔓は、1週間ほど天日干しした後、一本一本根っこや節の始末をします。そうして自然乾燥し、年が明けて1月から3月頃にかけて編み込み作業に取り掛かるのです。そして、毎年20~30程度の作品を仕上げます。形は持ち手の付いた籠バックが中心ですが、ピクニック用の大ぶりなものから、平籠や鍋敷きも編みます。それらの籠を持ってDECOさんは、5月から11月まで毎月第一日曜日に市内堀之内の皇大神宮で開催される皇大市に出店しています。他にも名だたる県内の雑貨店やギャラリーで展示販売を行っています。

 

DECOさんがあけびの籠を編み始めて20年。その間、様々な編み方にチャレンジしたり、デザインにもDECOさんらしいこだわりのひと工夫を取り入れたりしてきました。ここ数年の特徴的デザインは持ち手に皮を使い、リネンの糸で編んだ蓋を付けたもの(画像参照)。こういったDECOさんらしいデザインにリネン女子(こういう呼び名があるのか知りませんが、リネンのワンピを好んで着る30~40代の女子のこと。わたしが命名しました。)は弱いのであります。

 

 

DECOさんに、今年何か新たにチャレンジしたいと思っていることがあるか尋ねてみました。

「あけびの透かし編み」と「くるみの樹皮で編むかご作り(下の画像右手の籠がDECOさんのくるみの籠第一号)」と二つの答えが返ってきました。透かし編みとは、その名の通り、網目と網目の間に隙間を空ける編み方。秋田の横手地方にて伝承されている籠編みの技法がこれだそうです。その横手の中川原信一さんの透かし編みの籠が下の画像左手のもの(DECOさん所有)。その籠の中に手を入れ透かし編みの部分に手を滑らせながら、どこにもひっかかりのないさわり心地のなめらかさこそ職人の技なんだとDECOさんが教えてくれました。

 

 

DSC_0116

 

DECOさんに、クラフトマーケットとワークショップで参加していただく「アトリエ Open day 」の詳細は下記にて。

 

DECOさんのあけびの籠作品もお手に取ってご覧いただけますよ~、ワークショップご予約は残席1名です!(1/22現在)

 

 

 

+++ひと葉のアトリエ Open day+++

 

★日時★ 1/31(日)、2/1(月) 10:00~16:30

 

★プログラム★

 

「ミモザのリース教室・ランチ付」 10:00~12:30  参加費:3,500円 ※完全予約制定員8名

※両日とも定員につきご予約締め切りました(1/22)

春を呼ぶ黄色いふわふわミモザのリースを作ります。毎年恒例年明け第一弾の人気メニューです。初めての方も、毎年作っていらっしゃる方も、春はやっぱりこのリースから!!簡単なランチをご用意いたします。作ったあとはリースを眺めながらの新春ランチ会をご一緒に!

 

「ワークショップ・ピンクペッパーベリーのリース作り」  15:00~16:30 参加費:1000円~

 

ピンクのツブツブベリーで小さなリースを作ります。15分もあれば出来るでしょう。ご予約不要、受付随時!

 

 

☆スペシャル企画☆

 

「ワークショップ・アケビ蔓の鍋敷き作り」  1/31(日)のみ 13:30~14:30  ※定員につきご予約締め切りました(1/22)

 

アケビのカゴの人気作家DECOさんを講師にお招きして、アケビのツルで作る鍋敷き(上の画像右下の物)のワークショップを開催します。ひと葉のリース教室でも度々話題に上るDECOさんを口説き落としましたよ~、ご予約はお早目に!!

 

「タロット占い」   13:00~16:30  料金:15分まで1,500円 30分まで3,000円

 

※受け付けは随時お受けしますが事前予約も承ります。込み入ったご相談でお時間をもっとかけたい方がいらっしゃいましたらご相談くださいませ。

 

 

 

 

☆お楽しみ企画☆

 

「ミニクラフトマーケット」 13:00~16:30

カントリーマウスさんとDECOさんのクラフト作品を展示販売いたします。カントリーマウスさんは、ウォルドルフ人形の作家さんです。DECOさんもアケビの籠作りだけでなく、ニット小物や布小物も作られています。お二人の温かなクラフト作品をぜひ、お手に取ってご覧ください!

 

「お茶会&おしゃべりタイム」 13:00~16:30

ご予約不要、出入り自由のお茶会です!今回はクリスマスの時出来なかったチャイをみなでコンロを囲んでゆっくりじっくりスパイスと紅茶とミルクをまぜまぜして淹れたいのです!!みんなであったかくて甘くてスパイシーなチャイを飲みましょう。

 

●各種ご予約●

ミモザのリース教室とアケビ蔓の鍋敷き作りはご予約制です。タロットもご予約可能です。1/27までにお問い合わせメール、(http://atelierhitoha.link/contact/)もしくはお電話(09038104979・ひと葉・山本規子)にてお願いいたします。

 

※基本的にブログのコメントからはご予約は承っておりませんのでご注意くださいませ。